床下・設備点検ロボット

床下・設備点検ロボット

床下・設備点検走行ロボット

床下・設備点検ロボット

人の出入りが難しい狭い場所や危険な場所などに人の代わりに安全かつ確実に進入し、すみずみまで調査することができるロボットです。 当社が開発したクローラベルトは建設機械用部品の履板・履帯の技術を駆使し、ほかの移動機構を持つロボットに比べ瓦礫などの不整地での走破性が高いものとなっています。
なお、LED付きハイスペックカメラにより床下や設備内部を細かくチェックすることが可能です。

特徴

  1. 世界最小クラス。狭く入りにくい場所へスムーズに入り込む!
  2. 高精度カメラ搭載。全方位死角なし!見落としがちな欠陥や不具合箇所も調査できる!
  3. カビ、埃、湿気、有毒ガスなど人体に悪影響を及ぼす環境下でも迅速に調査できる!
  4. ラクラク遠隔操作で、パソコン上で調査状況が丸わかり!点検結果をデータとして保存できるから報告書や参考資料に活用できる!
  5. 充実のオプション品でカスタマイズが可能なので、利用環境によって必要な機能を実装できる!
活用事例は探査・点検用走行ロボットサイトよりご覧いただけます →

製品紹介

床下・設備点検走行ロボットAnie(エニー)Ⅱ

床下・設備点検走行ロボットAnie®(エニー)Ⅱの特徴や事例をご紹介いたします。