TACoilの特長

高密度でコンパクトかつ縦積みが可能なため、保管場所の省スペース化が図れます。

置場

長さ別の置場管理が不要となるため、バー材と比較し70%、コンパクトで縦積みが可能なため、バーインコイルと比較し、50%の改善が可能です。

※いずれも当社調査による

製品置場サンプル

・NC加工機と組み合わせることで、細物サイズを中心とした加工効率を大幅に向上させ、人手不足の解消が可能です。

 ※当社調べでは、D10サイズにおいて、4~5倍の加工効率改善が可能です

 

・加工時のロスを極限まで低減させることにより、歩留の向上が可能です。

 ※当社調べでは、細物バー材と比較し約4%歩留が向上します。

TACoil販売予定サイズ

規格

・化学成分、機械的性質、寸法・質量及び節の許容限度はJIS G 3112に準拠します。

コイル寸法

(単位:mm)

販売開始時期

・2018年秋の販売開始を目指しています。
・販売開始当初は1トンコイルで販売いたします。
・2019年秋にはTACoilを大型化(2トン化)して販売を開始する計画としています。

 ※お客様のさらなる加工効率・歩留向上に寄与します。

【お問い合わせ先】スチール事業部 営業部 直需・開発営業グループ 岡田 守人、飯田 武史 TEL03-3493-0125