トピー工業について

  • 社名の由来を教えてください。

    トピー工業設立時に、社内公募の結果「各事業分野でトップを狙うという意味のほか、明るい躍動的な語感が新会社にふさわしい」ところからつけられました。

  • 会社の発足はいつですか。

    1921年宮製鋼所を創業、1934年に東京車輪製作所を設立し、1964年の4社合併を経て、現在に至っております。
    詳しくは、「沿革」をご覧ください。

  • トピー工業は何をつくっていますか

    自動車用ホイール、履板・履帯やさまざまな形鋼を、素材から製品まで一貫生産する金属加工の総合メーカーです。科学分野に挑戦するサイエンス事業部を加え、社会をより豊かに、より暮らしやすくすることに取り組んでいます。

経営・業務に関するご質問

  • トピー工業の経営理念を教えてください。

    「トピー工業グループの存続と発展を通じて、広く社会の公器としての責務を果たし、内外の信頼を得る。」というグループ基本理念を礎に、顧客の満足を得られる品質とコストを追求した商品を提供することで、社会の発展に寄与し、また、適時・適切な情報開示、地域社会への貢献、地球環境問題への積極的な取り組み等を通じて、企業として社会的責任を果たしていくことにより、持続的な成長を目指していきたいと考えております。 
    詳しくは、「基本理念・行動規範」をご覧ください。

  • コーポレートガバナンス体制はどのようになっていますか。

    当社は、監査役会設置会社であり、取締役会及び監査役会により経営の監督及び監査を行っております。また経営の機能を「経営意思決定機能」と「業務執行機能」に区分し、経営の活性化と効率化を図るため執行役員制度を導入しております。

    当社の取締役会(原則月1回開催、必要のある場合随時開催)は、業務執行取締役5名、社外取締役2名計7名で構成し、法令または定款で定められた事項のほか、経営の基本方針をはじめとする会社の重要事項を決議するとともに、独立した客観的な立場から経営を監督しております。また、取締役会の審議が効率的に行われることを確保するため、取締役等で構成する経営会議(原則週1回開催)において、取締役会決議事項の事前審議を行うとともに、業務執行の方針・計画及び実施についても審議し、適正な経営判断を行っております。

    さらに、経営環境の変化に迅速に対応するため取締役及び執行役員の任期を1年にしております。

    監査役会は、常勤監査役2名、社外監査役2名計4名で構成し、公正かつ中立な監査を実施しております。

    当社は、法定の機関以外に、報酬諮問委員会や指名諮問委員会、リスクマネジメント委員会等、任意の機関を定め、統治機能の強化を図っております。今後も必要に応じて任意機関を定め、ガバナンス機能のさらなる充実を図ってまいります。

  • 連結子会社はどのようなところがありますか。

    2017年3月現在連結子会社21社です。

    その他、当社グループとしては合計31社となります。
    詳しくは、「トピー工業グループ(国内)」、「トピー工業グループ(海外)」をご覧ください。

    なお「連結子会社」につきましては会社名の後に記載しております。

  • 決算期はいつですか。

    3月31日です。

  • 過去の業績はどこで確認できますか。

    過去の業績指標は、「連結業績ハイライト」よりご覧いただけます。
    過去および直近の業績詳細については、「決算短信」、「有価証券報告書等」をご覧ください。

  • 財務データはどこで確認できますか。

    連結業績ハイライト」でご確認いただけます。

株式に関するご質問