TOP > 人・仕事を知る >2014年入社
私が共感したトピー工業の社風を、未来へ、世界へ、広げていきたい

トピー工業の幅広い事業のなかで、どこか1つでも興味をひかれたら、ぜひ会社説明会に来てください。性別も国籍も出身学部も関係ありません。グローバルに展開する日本のモノづくりの世界に飛び込んで、あなたのキャリアの可能性を大きく広げてください!

トピー工業の「人材」に魅了され、
未来を支える人材をサポートする立場へ。

私が現在所属しているのは「社員部」。他社で言う「人事部」です。この名称の背景には、「グローバルな事業展開も、お客様のニーズに応える質の高いモノづくりも、支えているのはすべて社員。その大切な「社員」を中心に業務を考えていこう」という弊社の想いがあります。就職活動時にはさまざまなメーカーをまわりましたが、トピー工業では一次面接の段階から私の話に真剣に耳を傾けていただき、人を大切にする温かな雰囲気を感じていました。入社後の新入社員研修(トピー塾)で訪れた豊川製造所では、自動車ホイールの生産ラインの現場で実習しました。そこでは、数秒のラインの動きにまでこだわるモノづくりの姿勢や、製品を誇らしく語る社員の姿を目の当たりにして、改めて強いプロ意識と熱意を感じました。さらに、豊川は初めての土地だった私のために、休日は先輩たちが車で遊びに連れて行ってくれたりと、厳しくも温かく、家族のように接してくれました。こうした多くの社員との出会いや、当社の社員部の理念への強い共感から、「ここで働く社員を支え、もっと良い環境づくり、会社づくりに関わってみたい」と思うようになったのです。
本配属は、全員の希望が叶うわけではありません。だから、社員部への配属が決まったときはとても嬉しかったですね。

新卒採用活動を通じて、社員部の重要性を実感。

私は社員部の中でも新卒採用を担当しています。現在の仕事を一言で言うと「ファンづくり」。当社はB to Bの側面が強く、学生にあまり知られていないのが現状です。そのため、全国の大学での説明会や自社説明会を通じて一人でも多くの学生と出会い、トピー工業を全力で伝えることが目下の目標です。私一人で説明会の進行を任されることも多く、やりがいとプレッシャーを感じています。説明会に参加して初めて当社を知ってもらう学生も多いので、一番何を聞きたいか、どうわかりやすく伝えるかを学生目線で考え抜き、資料や話す内容を進化させています。とはいえまだまだ半人前で、先輩のサポート業務を通じて仕事を覚えている段階です。今後の目標は、採用のプロフェッショナルになること。そのためには、説明会を自立して進めたり、広報戦略や選考スタイルといった採用活動戦略の立案など、指示を出すリーダー的な役割にシフトしていきたいと思っています。

グローバル化が進む当社では、多様な人材を求めていますが、特に女性の活躍に期待しています。
国籍や性別などの違いに関係なく、社員がそれぞれの能力を発揮できる環境づくりのためにも社員部の重要性をより強く感じています。私自身、将来出産しても仕事を続けてキャリアアップしたいと考えていますし、実際に社員部にもワーキングマザーとして第一線で活躍している先輩もいます。また、2015年のスタッフ系新入社員は初めて女性が男性の数を上回りました。問題や困難もありますが、仕事を頑張っていけるのは、この会社、ここの社員が好きだから。もっと自信と力をつけて、将来は海外でトピー工業を広めていきたい。入社時の夢だった海外での仕事を実現させるために、今後も成長を続けます。