TOP > 採用情報:教育制度

教育制度

「与えられた分野だけでなく自ら学んだ分野がより人材を豊かにする」
トピー工業ではプロフェッショナル、かつマネジメント能力を持った人材を
育成するための多彩な教育制度を設けています。

教育制度体系図

図

CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)

入社後のキャリアステップはCDPに沿って進行していきます。
ジョブローテーション(人事異動や担当替えなど、様々な業務を経験すること)を通じて、個々人のキャリア形成を図っていきます。

  • 【導入教育期(トピー塾)】約4カ月間の新入社員研修を受けます。企業人としての基礎とものづくりの現場を体験してもらう期間に位置付けています。
  • 【ローテーション期】本人の希望や適性及び会社のニーズをふまえ、2〜3部門を経験することになります。ここでは専門性を高めつつ、幅広い知識を習得し、広い視野や柔軟な思考を育てるのが狙いです。
  • 【専門期】経験してきた職務を、さらに熟成させる期間です。企画・提案業務を通じ、マネジメント分野の体得、あるいはより深い専門性の習得を目指します。
  • 【育成期】会社の経営的な役割を担い、若手社員の育成等も積極的に行います。