TOP > 人・仕事を知る >2010年入社
街で出会える、わたしの仕事。

もともと内向的だった私ですが、入社を機に積極的に行動し、発言するようになりました。エンジニアにはコミュニケーション力が必要不可欠です。お客様とも、関係部署とも接する機会はたくさんあります。どうすれば伝わるのか。何をしたいのか。今のうちから、一つひとつのコミュニケーションを大切にしてほしいです。

「やりたい」を応援してくれる会社。

乗用車のホイール設計は、自動車の要求仕様と法規、製造要件を基に設計していきます。設計開発部は、顧客との打合せ、開発日程管理、要件に合わせたパッケージの中で、強度、質量などの要件を満足させる形状設計、試作品を評価、具現化し量産につなげるプロジェクトリーダーとなる部門です。

最近は安全性と、軽量化のみならず操安性などの付加性能が求められています。その要件を満たすために、既存の技術に目を向けるだけでなく、まったく新しい発想に立った技術を提案していくことも必要です。入社当時は、設計したホイールが求められる性能を担保しているかを確かめる構造解析専門で仕事をしていましたが、次第に、設計にも携わりたいと思うようになり、上司との面談で相談してみると『やってみるか』とチャンスをもらいました。扱う分野は違いますが大学時代に必要な知識は得ていたため、先輩の指導を受けながら設計者として仕事をすることになりました。こうした一人ひとりの「やりたい」を尊重してくれることはとてもしあわせなことですし、上司や先輩も全力でサポートしてくれます。もちろん、自分の努力が大前提ですが、技術者としての成長を応援してくれる環境がトピー工業の魅力だと思っています。

決して許されない、コミュニケーションミス。

設計・開発は時間との戦いになることがほとんどです。タイトなスケジュールの中で初期検討・設計・製造方法の検討・構造解析などを完遂しなくてはいけません。初期検討段階から製造方法を考慮に入れなくてはならないので、他部署とのやり取りも重要になります。関係各部署には頼りになる専門家がたくさんいますが、仕様や意図したことをわかりやすく伝えられなければ、思わぬミスにも発展しかねません。話す内容を入念に確認する、仕様や設計を徹底的にチェックするなど、取り返しのつかないミスを犯さないように、コミュニケーションには最大限の注意を払っています。

設計においては自動車メーカーのデザイナーが提示したデザインを基に、性能を担保して設計していきます。ホイールは規定が厳しく、設計できる領域も限られています。そんななかでどこまで性能・安全性を担保できるか。過去の事例を参考にしたり、先輩にアドバイスを求めたりしながら、ベストな設計を模索しています。仕事のやりがいは、何といっても自分が設計した製品を街で見られること。自分が関わったホイールを見つけると、思わず笑顔になってしまいます。まだまだ設計者としての理論も経験も浅いので、もっともっとレベルを上げていくことが今の目標です。先輩方の設計を見ると、「そんな発想もあるのか」と感心してしまうことばかり。狭い領域の中にもいろいろな知恵が隠されていることに驚いてしまいます。同じようなかたちをしているホイール。そこでどう差をつけていくのか。研鑽を積み、より良い品質を実現できる設計者になりたいと思っています。