事業展開

事業展開

鉄鋼事業

創業以来のトピー工業の素材事業

鉄鋼事業は、独自の異形形鋼の製造技術や、多様な規格に対応する技術、多品種小ロットに対応できる生産体制を有しています。この技術により、社内の自動車・産業機械部品事業に対し素材を供給することができる、「素材から製品までの一貫生産体制」が、他電気炉メーカーにない優位性となっています。当社グループはまた、鋼材加工部門および鉄スクラップ集荷・加工会社、輸送会社、商社を有しており、鉄鋼事業を中心にグループの資源を結集することで、一層の競争力向上をはかります。

自動車・産業機械部品事業

世界トップクラスの総合ホイールメーカー

自動車部品事業

自動車・建設機械産業の多様なニーズに対応し、乗用車、トラック・バス、産業車両、建設車両など、あらゆる種類のホイールを製造しています。高品質の製品を生み出す一方、自動車産業の最大の課題である軽量化、安定走行を追求し、地球環境と安全性を踏まえたグローバルな供給体制の構築を行い、これからのモータリゼーションに貢献します。

建設機械の総合足回り部品メーカー

産業機械部品事業

独自に蓄積した熱処理加工技術を活かし、油圧ショベル、ブルドーザーなど建設機械の足回り部品である履板・履帯およびブレード用先端金具(カッティングエッヂ)の生産、販売を行っています。素材からの一貫生産によるQCDの優位性や、設計開発力、提案力は各建設機械メーカーから高い評価をいただいています。

発電事業

周辺の環境との調和を最大限に配慮し、電力の安定供給に注力

発電事業

発電事業は、2015年4月より電力供給先を変更し、小売電気事業者への電力供給を開始しました。2015年度より量的な重要性が増したため、報告セグメントとしています。

その他の事業

新たな収益力を創出

その他の事業

サイエンス事業部をはじめとした新規事業を含むセグメントです。サイエンス事業部は、金属加工以外の科学分野で新たな収益の柱を創出するため、化粧品原料を製造・販売するマイカ部、福島第一原子力発電所で活躍した無人探査ロボットなどを製作・販売するクローラーロボット部の2つの事業を展開しています。この事業部以外にも、スポーツ・レジャー、屋内外広告看板など、多彩な事業でこれからの社会に貢献していきます。